業務内容

早くて丁寧!「一級防水施工技能士」による防水工事

● 一級防水施工技能士とは?
建物に必ず施される防水工事。
それを行う技術者のことを防水施工技能者と言います。

防水工事を行うにあたって、必ず資格が必要ということはありません。
しかし、技術者としてのスキルの高さを表す目安として、防水施工技能士という国家資格が存在します。

防水施工技能士には一級と二級があり、二級なら実務経験が2年以上で受験資格が得られます。
一級防水施工技能士ともなると、7年以上の実務経験が必要です。

防水工事は目的によって工法や材料などが様々なことから、豊富な現場経験がなければ一級の防水施工技能者にはなれないということを意味します。

つまり、絶対必要とされる資格ではありませんが、その信用性は非常に高く、信頼できる防水業者を選ぶ際の目安となるのではないでしょうか?

当社では、お客様に安心してご依頼いただけるよう、代表自らが「一級塗装技能士」の資格を取得。
専門的な知識にもとづき、信頼いただける施工に努めています。

ウレタン防水

ウレタン防水は、ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤を、撹拌して塗膜する防水工法です。
現在国内で行われている防水工事の中で、半数近くを占めています。

軽量で比較的安く、液体なので施工する場所が平坦ではなくても施工可能。
また、つなぎ目がないため、シームレスで美しい仕上がりとなり、建物への負担が少ない点もウレタン防水の特徴です。

もっと見る

シート防水

主に屋上の施工でよく用いられるシート防水。
使用するシートには、合成ゴムや塩化ビニルで作られた二種類のシートがあります。

どちらもシートを貼り付ける工法で、10年程はメンテナンスの必要がないという特徴がありますが、その他にも様々なメリット・デメリットがありますので、より施工箇所に最適な方をご提案いたします。

もっと見る

FRP防水

FRPとは、「Fiberglass Reinforced Plastics」の略で、繊維強化プラスチック(ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチック)のことを指します。

防水層は軽量かつ強靭、耐水・耐食・耐候性に優れており、重歩行や車両走行にも耐えられます。
また、施工してから硬化するまでの時間が早いため、一日または二日での施工が可能です。

もっと見る

シーリング工事

サイディングボード同士の間や窓のサッシまわりなどには、目地と言われる隙間が存在します。
その隙間を埋めるために使われる、ゴム状の素材がシーリングです。

シーリングは、建物内部への水分の浸入を防ぐという、とても重要な役割を担っているのです。
また、外壁にひび割れなどが起こった際に、隙間を埋める充填剤としても活用されています。

もっと見る

雨漏り調査・補修

「天井に染みがある」「壁が湿っている」
このような症状は起きていませんか?
万が一見受けられる場合は、雨漏りしている可能性があります。

そのまま放っておくと、次第に建物内部の下地部分や躯体部分を弱らせるだけでなく、柔らかい木材が好みのシロアリを呼び寄せる危険性も…。

そのため、居住に関係のない箇所で雨漏りを引き起こしていても、油断は禁物です。

もっと見る

外壁診断・補修

外壁にひび割れや剥落を発見した際は、放っておいてはいけません。
ほんのわずかな隙間からでも、水は容赦なく建物内部に浸入します。

外壁は私達の生活から雨風をシャットアウトしていますが、いずれは経年により劣化していくものです。
雨漏りや建物内部の腐食を起こさないためにも、ひび割れなどの症状がないか定期的に確認し、必要であれば外壁の補修を行うようにしましょう。

もっと見る

外壁塗装・屋根塗装

前回の塗装工事から10年以上経過しているなら注意が必要です。
外壁や屋根に色あせやひび割れ、シーリングの割れなどが見られる場合は、そろそろ塗り替えを行ってください。

塗布された塗膜は、大切なお住まいを雨水や紫外線から守るという、重要な役割を担っています。
もしもそんな塗膜の劣化を放っておくと、建物そのものを劣化させる原因に…。

小まめにチェックをし、適切な時期に塗り替えを行いましょう。

もっと見る

その他リフォーム工事一式

当社では防水工事などの他にも、屋根工事や足場工事、内装リフォーム、外構・エクステリアリフォームなども承っております。

防水工事をメインで行っている当社が、ここまで幅広く対応できる理由は、豊富な経験により培ってきた職人間のネットワークがあるからです。
住まいに関する工事であれば、どのようなご依頼でもまずはお気軽にご相談ください。

もっと見る